総領事主催フィリピン独立記念パーティー

フィリピン独立記念パーティー

 

昨日6月12日がフィリピンの独立記念日でしたが、フィリピン総領事主催の独立記念パーティーに招待いただき、参加してきました。

フィリピン総領事やフィリピン観光省の方々や、フィリピンに関わりのある企業の方々、また他の国々の領事などが参加されていました。

 

ラウレル駐日大使にもご挨拶ができました。ラウレル駐日大使のお祖父様は日本軍政下の大統領(第3代)で、お父様はマルコス時代の駐日大使を務められていました。そのため、大使も1〜3歳までの誕生日を大阪で迎えられたそうです。3代揃って日本とは縁がおありのようです。

 

来週20日は東京での独立記念パーティーにも参加させていただきます。


【募集】2018年夏 フィリピンスタディーツアーに挑戦したい高校生募集!

ココファンド

 

弊社ココウェルとNPO法人D×P(ディーピー)が主催する「ココファンドプロジェクト」で2018年夏(8/20〜8/31)のフィリピンスタディーツアーにチャレンジしたい高校生を募集開始しました!

 

●ココファンドプロジェクトとは

ココファンドは、生きづらさを抱えた高校生(19歳以下)が、フィリピンの貧困を知るスタディーツアーに参加するための基金です。ココファンド対象リップ1本をご購入いただくごとに、100円がココファンドに寄付されるという仕組みです。

 

●フィリピンスタツアにチャレンジしたい高校生募集!

2018年夏のフィリピンスタディーツアー参加にチャレンジしたい高校生を2名募集します。

NPO法人アクセス様が主催されるスタディーツアーに参加するための旅行代金・燃油サーチャージ・空港諸税・日本国内出発空港までの交通費を全額無料とします。

※パスポート取得費用、現地でかかる個人の諸費用は自己負担となります。

 

ココファンドプロジェクトの詳細はこちらをご覧ください。

http://www.dreampossibility.com/11706


12月のフィリピン出張

およそ2ヶ月に1回ほどのペースでフィリピンに出張していますが、中でもクリスマスが近づく12月は特に大事にしており、毎年クリスマスプレゼントをスーツケースにたくさん詰めて訪ねています。

 

国民のおよそ9割がキリスト教徒というフィリピン人にとって、クリスマスは1年で最大のイベントで、海外で働く人たちもこの時期には休暇を取って故郷に戻ってきて家族と一緒に過ごします。クリスマスのために1年仕事をすると言われるほど、彼らにとっては非常に大事な宗教行事です。

 

 

町中至る所で賑やかな電飾が飾られ、都市部のショッピングモールはプレゼントを買い求める人々で賑わい、道路もいつも以上に混雑します。多くのオフィスでクリスマスギフトが用意され、訪問客に渡されます。

 

私は毎年、主に農村に住む子供達へのプレゼントをたくさん用意していくのですが、マニラで会う仲間たちからそれ以上のプレゼントを頂くため、結局帰りのスーツケースもいっぱいになって日本に帰ることになります。

 

先日の訪問では、フィリピン中部にあるレイテ島を訪問中に台風26号「カイタク」が直撃し、滞在していたホテルの1階部分が膝下まで浸水し、停電、断水で2日間全く身動きが取れませんでした。ゆっくり進む台風による長時間の大雨で、レイテ島やサマール島など各地で洪水や土砂崩れによる被害が出ました。

 

また1週間後には台風27号がミンダナオ島北部を直撃し、より大きな被害が出ています。

 

本来12月に台風が出来ることは非常に稀でしたが、近年は地球温暖化の影響か、毎年のようにこの時期に大きな台風がフィリピンを襲っています。一昨年もクリスマス休暇で多くの人々が故郷へ帰省中に大きな台風が直撃し、特に農村部で被害が出ています。

 

今年はフィリピンの人々が皆、平穏なクリスマスを家族と一緒に笑顔で迎えることができますように。


ココナッツウィーク@フィリピン・マニラ

昨日まで、本場フィリピン・マニラでのココナッツウィークに参加していました。



7月にココナッツ庁長官に就任したばかりのデラロサ氏(写真中央)。ココナッツで事業を始めて13年というと、「ココナッツ業界では先輩ですね」と。

アメリカ心臓協会が発表したココナッツオイルの誤った情報に対して怒りをぶつけながら、「日本のエンペラーはココナッツオイルを摂取してるそうだから、もっと日本でココナッツオイルが広まるだろうね」。

そんなこと始めて聞いたので「ほんとですか?」と聞くと「今度エンペラーに聞いてみてくれ」って。お伺いできるはずもないですが、もし本当なら嬉しいですね。

アメリカ心臓協会のココナッツオイルが体に悪いというニュースに対しては世界中のドクターや研究機関が反論を発表して沈められました。

アメリカの製薬業界のロビーだろうと言われていますが、それだけココナッツオイルが世界中の人々の健康に貢献していることに対して製薬業界危機感を持っているということ。

アメリカ心臓協会の発表後、ココナッツオイルの需要は減るどころか増えたそうです。

フィリピン研修旅行

8月26日から8月31日までの5泊6日で、フィリピン研修に行ってきました。ほとんどのスタッフにとって初めてのフィリピン訪問です。もちろん写真や文章では知っていても、実際に現地を訪れて生育しているココナッツに触れ、製品を作ってくれている人たちと触れ合い、その製造工程を見ることで学ぶこと、感じることはとても多いと思います。

ルソン島では、ココナッツ庁主催のココナッツフェスティバルに参加し、ココウェルの製品を作っている2つのココナッツオイル工場を見学しました。また、レイテ島にも足を運び、COCO no Kiの生産現場を訪ねただけではなく、ココナッツミルクの手作り体験や、農村の子供達とも触れ合ったり、非常に充実した研修旅行になりました。

1週間の夏季休業をいただき、お客様、お取引先様にはご迷惑をおかけしましたが、ココナッツ専門店として、お客様へきちんと信頼されるココナッツ製品をお届けするためにも非常に有意義な1週間なったと思います。

レイテ島ココナッツの下で

彼らにこそ恩恵を

今回のレイテ島訪問では、風邪をひきやすいフランシスの娘にバージンココナッツオイルをお土産で持って行きました。ココナッツの国の人に、日本人がバージンココナッツオイルをお土産で渡すって変ですよね。

でもフィリピンの地方で暮らす貧困層にはバージンココナッツオイルは高価で手が出ません。もちろん効果効能もよく知りません。たまにココナッツのジュースを飲むくらいです。

レイテなど、田舎のココナッツ農家はひたすらコプラ(ココナッツの果肉を乾燥させたもの)を作って販売し、ココナッツの収入だけでは家族を養えずに生計副業を常に探しています。

彼らはバージンココナッツオイルやココナッツシュガーの作り方を知りません。

少しでも彼らりやりがいのある仕事を作りたい。そして、彼らこそ素晴らしいココナッツの健康への恩恵を受けてほしい。

お米ばかり食べる彼らのお腹はどんどん膨らんできています。

2/22 - 3/1フィリピン出張

今日22日(日)〜3月1日(日)までの1週間はフィリピン出張ですので、日本の携帯電話は繋がりません。ご了承ください。

ご連絡はメール、もしくは会社へお電話くださいませ。

熱心なカトリック教徒

今回はCOCO no Kiのデザイン的な問題点を洗い出し、改良に取り組んでいます。いくつか新しい商品作りにも取り組むことができました。

本当にこの地域は産業に乏しいため職をもたない人が多く、このプロジェクトへの期待は僕たちが考えていた以上のもののようです。地元のDTI(貿易産業省)からの期待も大きく感じます。

明日タクロバンに戻って翌朝の飛行機でマニラに戻ります。

フィリピン出張に来てから少し動き過ぎなのか、疲れが出ているようです。ふらつきが少しひどくなり、手と足の痺れが以前より感じるようになりました。気をつけたいと思います。

今回仕事に復帰してから初のレイテ滞在。5ヶ月ぶりですが、こちらではみんな心配して待ってくれていたので、ここまで回復したことを大いに喜んでくれました。

レイテなどビサヤ地域は熱心なカトリック信者が多いように思います。昨晩はみんなで僕の健康や長寿のために祈りを捧げてくれました。僕が椅子に座り、僕の周りをみんなが囲んで立ち、交互に神への言葉を発して祈ってくれます。それもみんな涙を流しながら。僕はキリスト教徒ではありませんが、自分のためここまで祈ってくれるとこちらも嬉しくて泣けてきて、終わった時にはみんなでハグしながら泣いていました。不思議な光景です。

同じような経験が13年前のフィリピン留学中もありました。当時、良く面倒を見てくれていた先生が僕を毎週土曜日に教会のミサに連れていってくれました。日本に帰る前の最後の日、お別れ前に教会の人々が同じように祈ってくれました。なぜかその時も涙が止まらなかったのを覚えています。

COCO no Ki の生産現場へ

18日午前、レイテ入りが予定より1日遅れて飛行機でタクロバン空港に着きました。タクロバンから車で3時間ほど走ったところにあるCOCO no Kiの生産現場の一つやってきました。



この場所製品で商品一つ一つが手作りで作られています。一昨年末に襲った台風ヨランダでたくさんのココナッツの木が倒れたことから始まったココウッドプロジェクト。ココナッツ農家や経済的理由で学校をやめ、そのまま仕事に就けない若者など、生計を立てるためにこのプロジェクトに参加したいと言う人々がたくさんいます。良いものを使い手の気持ちになって丁寧に作れる、そしてモノづくりの楽しさを味わえる職人を育てていきたいと思っています。

近く販売を再開できるように鋭意製作中です。

セブ、レイテ島へ

ローマ法王がフィリピン滞在中、彼が通過する空港や道路、滞在先のホテル周辺、野外ミサが行われた場所周辺は大混雑だったようですが、それを避ければ祝日になっていたため街中は普段よりも空いていました。

3日間のマニラでの仕事を終え、17日。この日は法王が台風の被害があったレイテ島のタクロバンを訪れました。そのため混乱を避けるためにローマ法王がタクロバンへ立たれた後の飛行機でセブに飛び、そこから夜行船でレイテ島に入る予定にしていました。しかし台風1号の接近で船はすべて運休に。しかたなしにローマ法王がマニラに戻られた翌日に飛行機でセブからタクロバンに飛びました。



ローマ法王と台風によってスケジュールが中々組みにくい今回の滞在です。

しかし8割がカトリックの国。ローマ法王の訪問はさぞかし、大きな癒しと希望を得たことと思います。「頭で考え、心で感じ、行動すること」、「愛すること、愛されること」を学ぶよう、若い信者たちに勧められました。そして汚職の撲滅、公正な社会の実現も願われたようです。フィリピンの政治家達届いてほしいです。


CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

ココナッツの食品

酸化に強い炒め物・揚げ物にオススメの無臭ココナッツオイル
プレミアムココナッツオイル
エクスペラー製法の無添加・無精製有機エキストラバージン
エキストラバージンココナッツオイル
0℃まで固まらない中鎖脂肪酸93%の液体ココナッツオイル
リキッドココナッツオイル
スプレードライ製法の添加物不使用・無漂白ミルクパウダー
ココナッツミルクパウダー
有機認証ECOCERT取得・無漂白乾燥ココナッツ
デシケイテッドココナッツ
食物繊維がおからの3.5倍、お腹の中で3倍に
ココナッツファイバー
低GIでミネラル豊富なココナッツの花蜜糖
ココナッツシュガー
ココナッツオイルとこだわり原料で作った健康マヨネーズ
ココマヨネーズ

ココウェルの化粧品

全身や髪の保湿に
オーガニックバージンココナッツオイル
南国フルーツの香りのナチュラルリップクリーム
オーガニックココリップ
やさしい泡立ちのバージンココナッツオイル石鹸
ココソープ

facebook(YUMIZUI)

facebookページ (COCOWELL.JP)

twitter(@YUMIZUI)

SELECTED ENTRIE

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • ココウェルがカフェを創った3つの理由
    黒木
  • 彼らにこそ恩恵を
    めぐ
  • 彼らにこそ恩恵を
    めぐ
  • 彼らにこそ恩恵を
    嵩原 淳
  • ふしぎ発見のその後
    生田 勝
  • 食用ココナッツオイルのあれこれ その1
    水井
  • 食用ココナッツオイルのあれこれ その1
    のの
  • 本日より仕事に復帰しました
    下山和宏
  • デモ販売のお知らせ
    水井
  • 脳幹出血
    水井

RECENT TRACKBACK

LINKS

PROFILE

SEARCH THIS SITE.

OTHERS

MOBILE

qrcode